読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stats of the Rivers

川の様子を見に行ってます。

#fluentd meetup 行って意識が高まったのでくだらないものを作った。

Fluentd meetup in Japan に行ってきた。

意識が高まったので、fluent-plugin-say なるものを作った。

これは Fluentd の output plugin で、 say コマンドで受け取った文字列を喋らせる便利ツールである。say コマンドなので、もちろん Mac OS X のみ対応だけど、 syslog とかを喋らせて楽しめる。

コアな部分のソースコードはこんな感じでかなり簡単。

ruby 1.9.x の環境で、

$ gem install fluent-plugin-say    

するとついでに fluentd もインストールしてくれるので、以下のような設定ファイルを書く。

あとは、

$ fluentd -c fluent.conf

で fluentd を起動させた後、http://localhost:8888/say?json={%22message%22:%22yeah!!%22,%20%22voice%22%20:%20%22alex%22} などを叩くと喋ってくれるはず。

追記

GitHub にソースコードを置いてる。 https://github.com/makimoto/fluent-plugin-say